症状が現れやすい男性

ドクター驚きのアイキャッチ画像

カンジダはごく一般的な性病に分類されています。感染者数が多く、それほど珍しい性病ではないのですが、男性には稀な性病とされています。男性に症状が現れない理由は、性器が露出しているため常に乾燥しているからです。しかし、中にはカンジダの症状が現れやすい男性もいるので注意が必要です。

 

 

発症しやすい男性の特徴

カンジダ症(カンジタ)になりやすい男性の特徴は以下の通りです。

カンジタになりやすい男性の特徴
真性包茎・仮性包茎の方
シャワーしか浴びない方
性器を洗いすぎて傷つける方
糖尿病の方
ステロイド剤を服用している方
抗生剤を継続して使用している方
パートナーがカンジタ菌を保有している方

 

以上に該当する方は、男性であってもカンジダになる可能性があるといわれています。男性が性器カンジダになると、亀頭のやゆみ、ただれ、水泡、あるいは粘膜部が白く浮き上がりカスが増える、切れる、裂けるなどの症状が現れやすくなります(男性のカンジダ症の症状)。しかし、こうした症状はカンジダのみに現れる症状ではないので、素人判断でカンジダと決めつけることは出来ません。しかも、先ほど述べた通り、男性がカンジタになることは稀です。だから、これらの症状が現れた男性は、カンジダも含め複数の性病を疑う必要があります。性病の中には男性の不妊症を招くものもあります。出来るだけ早期に調べましょう。

 

 

性病は自宅でも調べられる

検査は医療機関で受けることが出来ますが、保険証を利用すると、「いつ・どこで・だれが・何科を受診した」というデータが記録に残り、医療費通知として家族などに届けられます。こうした通知が届くと困る方は、自宅で検査ができるふじメディカルの郵送検査を利用すると良いでしょう。カンジダのみの検査はもちろん、カンジダとよく似た症状が現れやすいいくつかの性病検査を受けることができます。検査の信頼性は医療機関と同等レベルなので、早期検査の助けに利用してみてはいかがでしょうか。

参考記事:カンジダなどの郵送検査が受けられるふじメディカルの詳しい解説記事へ