症状が似てる女性の性病

看護師疑問のアイキャッチ画像

カンジダを発症すると、膣や外陰部の痒み、白色の酒かす状あるいはヨーグルト状のおりもの、膣や外陰部の熱感などがあらわれやすくなります。こうした症状が現れた場合、カンジタを疑いますが、自己判断は危険です。女性の場合、よく似た症状の性病があるので慎重に判断する必要があります。

 

 

よく似た症状の女性の性病

女性に頻発する膣カンジダ症の特徴として、おりものの増加が挙げられます。しかしおりものが増加したからといってカンジタと確定することはできません。以下に挙げるものはおりものが増加しやすい性病です。

 

おりものが増えやすい性病
・クラミジア
・淋病
・膣トリコモナス症
・細菌性膣症

 

こうした性病に感染するとカンジダと同じくおりものが増加します。また、性器ヘルペスも症状が似ていることがあるので膣カンジダ症と間違えられることがあります。過去にカンジタを発症したことがない方の場合、具体的な症状を理解することが難しいので自己判断は危険です。クラミジアや淋病は不妊症の原因になることがあります。

 

 

症状がある方は検査を

カンジダとよく似た症状が現れている方は、可能性のある性病を調べることが重要です。検査は医療機関で行えますが、保険証を使用をすると「いつ・だれが・どこの病院の・何科を受診した」という記録が医療費通知として家族などの元に届けられます。誰にも知られたくない方は、自宅で行える郵送検査を利用するとよいでしょう。たとえば、ふじメディカルであれば、カンジダを含む症状が似た4つの性病をまとめて検査することができます。検査の信頼性も医療機関と同等レベルです。まずは検査を受けて症状の原因を調べてください。(→カンジダなどの性病検査が受けられるふじメディカルの解説記事)。