男性用の市販薬

ドクター驚きのアイキャッチ画像
  1. 男性のカンジダの市販薬について解説しています。
  2. 主な症状は性器が痒い、痛い、包皮が切れるなどです。
  3. 男性には稀な性病といわれています。よく似た症状がある場合はカンジタを含め他の性病を検査する必要があります。

 

 

【男性には稀なカンジダ】

男性の亀頭部の痒みや痛み、ただれ、包皮が切れるといった症状はカンジダに現れやすい症状です(男性のカンジタの症状)。こうした症状にお悩みの方はカンジタを疑っているかもしれませんが、カンジダは男性に稀な性病です。カンジタによく似た症状の性病もあるので、素人判断をせず調べることが大切です。包茎・糖尿病・ステロイド剤の使用などに当てはまらない場合は、背後にエイズなどの病気が潜みカンジダを引き起こしているケースもあります。現在の症状がどのような原因で引き起こされているか検査を受けて調べるようにしましょう。

 

 

【男性用市販薬が発売されていない理由】

現在の症状がカンジタにより引き起こされていることが明らかな場合は市販薬の存在が気になるはずです。市販薬があれば自宅で治療を行うことが可能です。女性の場合は、再発治療用の市販薬が発売されていますが、残念なことに男性用の市販薬は発売されていません。その理由を製薬会社に確認したところ、カンジダは男性にとって稀な性病であるため、症状だけで判断をして市販薬を使用しては危険だからという理由で、男性用の市販薬を発売していないということでした。しかし、女性用の市販薬に含まれている成分自体は男性のカンジダにも効果があると考えられるということでした。あくまでも誤用を防ぐために、女性用として発売をしているとのことです。

 

 

【成分自体は同じだが・・】

この点から考えると、女性用のカンジダ症(カンジタ)市販薬であるメンソレータム フレディCCクリーム 10g【第1類医薬】(販売ページへのリンク)などは、カンジタの男性が使用しても効果があると考えることができます。ただし、あくまでも膣カンジダ用市販薬なので、膣カンジタであることが明らかな場合に使用できる市販薬です。わからない場合は使用できませんし、当サイトが男性に使用をお勧めするものではありません。お困りの場合は、以上を理解したうえで自己責任でご利用ください。(一部で外国から個人輸入できるお薬が販売されていますが、正規品と偽り成分が粗悪なものも流通しているのでお勧めできません)

 

 

【まずは検査で確認を】

いずれにせよ、ご自身の症状がカンジダによるものかを確認することが先決です。医療機関で検査を受けることが出来ますが、保険証の記録から「いつ・だれが・どこで・何科を受診した」というデータが、医療費通知として家族などの元に届けられます。誰にも知られたくない場合は、ふじメディカルなどの自宅で出来る郵送検査を利用すると良いでしょう。ふじメディカルのカンジダ他4つの性病自宅検査キット(←販売ページへのリンク)を利用すれば、カンジタをはじめよく似た症状を現しやすいクラミジア・淋病・トリコモナスを自宅で調べることができます。医療機関と検査精度は同等なので、誰にも知られず自宅で検査を受けたい方はこちらをご利用になってはいかがでしょうか。(→カンジダなどの郵送検査が受けられるふじメディカルの紹介記事)