検査が必要な理由

女医笑いのアイキャッチ画像
  1. カンジダは男性に稀な性病といわれています。
  2. よく似た症状の性病があるので、原因を調べるため性病検査が必要です。

 

 

検査が必要な理由

男性がカンジタのような症状に気づいた場合、できるだけ早期に検査を受けたほうが良いと考えられます。もともと、男性は性器が露出して乾燥しているためカンジダになることは稀だといわれています(男性のカンジダの症状)。包茎・糖尿病・ステロイド剤・抗生剤の使用などカンジタを引き起こしやすい原因に思い当たる点がない場合、カンジタを含む症状のよく似た他の性病に感染している可能性があります(カンジダの症状に似ている男性の性病)。

 

 

原因を突き止める

カンジダに限って話を進めるのであれば、カンジタの検査は症状が現れていれば受けることが出来ます。しかし、カンジダ菌は、皮膚や腸などに常在すると考えられているので、菌の有無を確認するために検査を行うことは少ないといわれています。カンジダ検査を行う理由は、現れている症状がカンジタにより引き起こされているか、他の性病により引き起こされているか、調べるためです。現在、亀頭が痒い、ただれる、尿道に違和感があるなどの症状が現れている方は、どのような菌により症状が引き起こされているか調べる必要があります。カンジダと思っていたら、クラミジアや淋病だったということが少なくないのです。

 

 

検査の受け方

カンジダなどの検査は医療機関で受けることができます。医療機関で受診する場合、症状が現れていると保険診療になりますが、保険診療を受けると保険証に「いつ・誰が・どこの病院の・何科を受診した」という記録が残り、医療費通知として家族などのもとに届けられます。誰にも知られずに検査を受けたい方は、自宅で検査が受けられる郵送検査を利用すると良いでしょう。ふじメディカルであれば、カンジダやクラミジア、淋病、トリコモナスなど、よく似た症状の性病をまとめて調べることが出来ます。不妊症につながる性病もあるので、症状が現れている方は原因を早期に調べてください。(→カンジダ症などの性病検査が受けられるふじメディカルの紹介記事)