治らないカンジダ症

  1. 一般的にカンジダは治りにくい性病といわれています。
  2. その原因はカンジダ菌の特徴にあります。
  3. 菌が繁殖しにくい環境を整え、原因菌を除去することが大切です。

 

 

治りにくいカンジダ

カンジダは、男性と女性で現れる症状(カンジダ症:男性の症状カンジダ症:女性の症状)が異なります。一度カンジタになると治らない、あるいは再発を繰り返す(再発を繰り返すカンジダ症)ことが多いといわれています。男性・女性のカンジダとも不快な症状が続くので不安を抱えている方が多いといわれています。

 

 

カンジダは真菌が原因

カンジダが治らない理由として挙げられるのが症状を引き起こす菌の性質です。この菌はウイルスや細菌ではなく真菌に分類されています。真菌はカビの仲間の総称であり、同じ仲間に水虫が存在します。他の真菌が引き起こす病気と同じく、カンジダも適切なお薬を使用しないと治りません。

 

 

環境改善が重要

カンジタが治らない場合は、適切なお薬を使用するとともに環境面を整えると良いといわれています。基本的にはカビが繁殖しにくい環境を作ることが大切です。つまり、通気性の良い下着を利用したり、生理用品を小まめに交換するなど蒸れない環境を整える必要があります。また、抵抗力が落ちると治らなくなるので、休養をとることも大切です。これらの環境を整えた上でカンジダに有効なお薬を使用すると効果が上がりやすくなります。

 

 

市販薬は売っている?

カンジタの治療は医療機関で行うことができます。あるいは、すでにカンジダと分かっている場合は再発治療用の市販薬を利用することができます(男性のカンジダ症治療市販薬について女性のカンジタ治療市販薬について)。こちらの市販薬は医薬用成分と同じ成分を配合しているので安心して使用することができます。ただし、男性の場合はカンジダになることが稀なので他の性病により症状が引き起こされているかもしれません。包茎・糖尿病・ステロイド剤・抗生剤を使用しているなどの原因に当てはまらない方は、他の性病も含め検査を受けたほうがよいでしょう。

 

 

まずは原因究明を

検査を受けたことがない男性は原因を究明することが先決です。よく似た症状の性病もあるので、複数の検査をまとめて受けたほうが良いでしょう。誰にも知られずに検査を受けたい方は、自宅で検査が受けられるふじメディカルの郵送検査がお勧めです。自宅にいながらカンジダ・クラミジア・淋病・トリコモナスが同時に調べられます。(→カンジダなどの性病検査が受けられるふじメディカルの紹介記事