梅雨の時期のカンジダ

看護師男悩みのアイキャッチ画像
  1. 梅雨の時期のカンジダについて解説しています。
  2. 季節と密接なかかわりを持つ性病なのでかかわり方に注意してください。

 

カンジダは性病の中でもユニークな特徴を持つことで知られています。カンジタは、季節と関係がないと思いがちですが、決してそうではありません。季節とどのようにかかわりがあるのでしょうか。

 

 

梅雨とカンジダ

梅雨を例にとると、梅雨はカンジタが悪化しやすい時期といえます。カンジダは真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌により引き起こされます。カビが梅雨に繁殖しやすいように、カンジダ菌も梅雨時に繁殖しやすい特徴があります。梅雨は温度が高く湿度が高いので、下着の中も蒸れやすくなります。そのため、男性・女性ともに症状が現れやすく悪化しやすい季節ということが出来るのです。

 

 

梅雨の対処法

梅雨にカンジダを予防したい方は、通気性の良い下着とズボンなどを着用する必要があります。湿度が繁殖に影響を与えるので、出来るだけ蒸れない環境を作ることが大切です。それでも症状が現れる方は、市販薬(女性のカンジダ市販薬)などで対処することが可能です。男性の場合は、症状が現れたからといってカンジダと決め付けることは危険です。カンジダは男性に稀な性病です。同じような症状が現れていても他の性病に感染していることがあります(男性のカンジダに似た性病)。そのため、その症状がどのような原因で現れているか調べることが重要です。中にはクラミジアなどに感染していて症状が悪化していくケースもあります。

 

 

お勧めの検査方法

カンジタの検査は医療機関で受けられますが、保険が適用されると「いつ・どこで・だれが・何科目を受診した」などのデータが医療費通知として家族などのもとに届けられます。誰にも知られずに検査したい場合はあまりお勧めできません。誰にも知られずに検査を受けたい方には、自宅で受けられる匿名検査がお勧めです。ふじメディカルを利用すれば、カンジダを始めよく似た症状の性病もあわせて自宅で調べることができます。誰にも知られたくない方はこちらを利用すると良いでしょう(→カンジダほか複数の性病検査が受けられる富士メディカルを詳しく解説)。