女性の市販薬

女医笑いのアイキャッチ画像
  1. カンジダ症カンジタ)は女性に身近な性病のひとつです。
  2. カンジダ症(カンジタ)は再発を繰り返すことが多い性病です。
  3. 再発の場合は下記で紹介している市販薬を利用することができます。

 

カンジダ症(カンジタ)は女性に身近な性病だといわれています。カンジタ膣炎(膣カンジダ)は非常に不快な症状なので市販薬をお探しの方が多いはずです。カンジタ膣炎(カンジダ膣炎)の市販薬は発売されているのでしょうか。

 

 

カンジタ膣炎(カンジダ膣炎)の代表的な症状(カンジタ:女性の症状)は、外陰部の痒みやおりものの変化・増加、焼けるような痛みなどです。どれも不快な症状であるため、日常生活に支障を生じることもあります。また、カンジダ症(カンジタ)は治りにくく再発することが多いことでも知られています(治らないカンジダ症カンジダ症が再発する理由)。しつこいカンジダ症(カンジタ)にお悩みの方は多いはずです。

 

 

幸いにも、こうした膣カンジダ症(膣カンジタ)の対策として現在では市販薬が販売されています。カンジタ膣炎(カンジダ膣炎)の市販薬(治療薬)として多くの方から支持を受けているのがメンソレータム フレディCC 膣錠 6錠/ロート製薬【第1類医薬品】です。ロート製薬が実施した臨床試験結果によると、フレディCCを1日1回の使用するだけで98.4%の方に治療の効果が現れています。なぜこれほど高い効果が現れるかというと、フレディCCには医薬用成分と同じ成分が配合されているからです。こちらの市販薬は、カンジダ膣炎(カンジタ膣炎)を自分で治療できる治療薬として発売されています。カンジタ膣炎(カンジダ膣炎)に有効な医薬用成分がしっかりと配合されているから、しつこいカンジタ膣炎(カンジダ膣炎)に作用するのです。

 

外陰部の痒みが気になる方にはメンソレータム フレディCC クリーム 10g/第一類医薬品(販売ページへ)がお勧めです。こちらは外陰部の辛い痒みをすばやく鎮めることにより、掻く事による炎症や悪化を防ぐ効果があります。ちなみに、こちらのクリームにも有効成分のイソコナゾール硝酸塩が配合されているのでカンジダ菌を殺菌することができます。外陰部の痒みとともにおりものや焼けるような熱感がある場合は、フレディCC膣錠を併用して用いてください(医療機関のお薬も錠剤と軟膏を併用します。ロート製薬推奨の使用法です)。

 

ご注意:フレディCCは第一類医薬品のため、購入時に薬剤師による確認が必要です。注文後、使用の可否を確認するメールが届くので、必ずご確認ください。

 

フレディCC錠剤の使用方法は、1日1回膣内の深い位置に錠剤を挿入するだけです。挿入された錠剤は膣内にとどまりゆっくりと溶けてカンジタ菌を殺菌します。残念ながらフレディCCは以前に医師から膣カンジタ(膣カンジダ)の診断・治療を受けたことがある方用となっています。検査を受けたことがない方は、原因を探すことが先決です。クラミジアなどカンジダによく似た症状をあらす性病もあるので、安易に自己判断はしないようにしましょう。誰ににも知られず検査を受けたい方は、自宅で検査が受けられるふじメディカルの郵送検査がお勧めです。カンジダ症(カンジタ)とよく似た症状の性病もまとめて検査が受けられるカンジダ他4つの性病自宅検査キットなどが取り揃えられているので、気になる症状がある方はご利用になってみてはいかがでしょうか。(→カンジダなどの性病検査が自宅で受けられるふじメディカルの郵送検査の紹介記事