カンジダの原因

女医笑顔のアイキャッチ画像
  1. カンジダの男性・女性の原因について解説します。
  2. 真菌(カビ)により引き起こされる性病です。
  3. 真菌は皮膚や粘膜に存在する常在菌です。
  4. 体調不良などがきっかけで菌が増殖し症状が現れます。
  5. 男性には稀な性病で、よく似た症状がある場合はカンジタを含め他の性病を疑います。

 

 

どこにでも存在するカンジダ菌

カンジダは、カビの一種である真菌によって引き起こされる性病です。男性・女性とも痒みなどの不快な症状(男性に多い症状女性に多い症状)が特徴的で、症状が現れた場合は治療が必要になります。症状を引き起こすカンジダ菌はセックスなどの性行為でも感染しますが、私たちの皮膚や肺、腸などにも存在しています。普段は無害の常在菌であるカンジダ菌がなぜ症状を引き起こすのでしょうか。

 

 

カンジダの症状が引き起こされる原因

カンジダは性器や口腔など様々な場所で問題を引き起こします。とはいえ、カンジダ菌は皮膚などにも存在するそれほど珍しくない真菌です。普段は皮膚などに存在しても、特に問題を起こすことはありません。しかし、特定の部位で過剰に増殖すると、いわゆるカンジダの不快な症状が引き起こされます。

 

過剰にカンジダ菌が増殖することにより症状が引き起こされるわけですが、増殖を招く原因は身近なところに潜んでいます。仕事による疲労、生理によるホルモンバランスの変化、過剰なダイエットなどによる免疫力の低下などにより細菌バランスが変化しカンジダ菌が増殖します。また、糖尿病や抗生物質・ステイロイドの使用などもカンジダ菌の増殖を助ける可能性があります。これらの原因に環境因子が重なり、カンジダ菌が増殖してしまいます。カンジダ菌を増殖させる環境とは、締め付けのきつい下着や、男性の包茎などです。蒸れやすい環境を作ると、カビであるカンジダ菌が増えやすくなってしまいます。

 

 

男性に症状が現れた場合は注意を

カンジダは以上の原因などで発症する可能性があります。発症をすると、性器が痒い、亀頭がただれる、おりものが増える、ヨーグルト状のおりものがでる、熱感があるなどの症状が現れます。陰部が湿りやすい女性に多い性病ではありますが、初めて症状が現れた方はどのような性病に感染しているか念のため検査が必要です。男性の場合は性器が乾燥しているのでカンジダの症状が現れることはほとんどありません。実際、女性用の市販薬は発売されていますが、男性用の市販薬は発売されていません(男性の市販薬が発売されていない理由)。男性にカンジダ様の症状が現れた場合は、カンジダを視野に入れつつ他の性病を調べる必要があります。

 

 

検査方法

辛い症状がある場合は医療機関で検査を受けることが可能です。しかし、保険を使用した場合「いつ・誰が・どこの病院で・何科を受診した」というデータが記録され、医療費通知として家族などのもとに届けられます。誰にも知られずに検査を受けたい方は、自宅で検査が受けられるふじメディカル(詳しい解説記事)の郵送検査を利用するとよいでしょう。自宅など好きな場所で、誰にも知られずカンジダなどの性病を調べることができます。放置をすると症状が悪化することもあるので、早期検査の助けに利用をしてみてはいかがでしょうか。