カンジダと秋の季節

女医悩みのアイキャッチ画像
  1. カンジダと秋の季節について説明しています。
  2. 秋は過ごしやすい季節ですが、男性・女性ともカンジタに注意が必要です。

 

 

季節がカンジダと関係する理由

カンジダは季節とも関係がある性病だといわれています。症状を引き起こす原因は、真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌です。原因となる菌が真菌(カビ)の一種なので、患部が蒸れることにより菌が繁殖しやすくなります。季節により増減する気温や湿度は患部に影響を与えます。だから、季節がカンジタと密接な関係にあるといわれるのです(梅雨とカンジダ症夏とカンジダ症)。

 

 

秋の特徴

秋は気温が涼しく、湿度が低くなるので一見するとカンジダは悪化しにくい季節に思えます。確かにこの面はあるのですが、一方で秋は夏の疲れが現れやすい季節です。疲れが溜ると、身体の抵抗力が落ちるためカンジダ菌が繁殖しやすくなってしまいます。男性・女性を問わず、秋になると疲れが現れて抵抗力が落ちるとカンジタが悪化してしまいます。

 

一般的に秋は過ごしやすい季節ではありますが、カンジダ症(カンジタ)の方にとっては注意を続けたい季節でもあります。梅雨・夏と続いた厳しい季節のケアをしっかりと行い、悪化をしないよう体調管理に気をつけてください。

 

 

カンジタは女性にとっては一般的な性病ですが、性器が蒸れにくい男性にとっては非常に稀な性病です。通常の男性にはほとんど見られることのない性病なので、よく似た症状が現れている場合は素人判断せず他の性病も含めて調べる必要があります。検査は医療機関で受けることが出来ますが、保険証を使用すると「いつ・誰が・どこで・何科を受診した」などのデータが記録され、医療費通知として家族などの下に届けられます。誰にも知られたくない方は郵送で検査が受けられるふじメディカルを利用すると良いでしょう。カンジダをはじめクラミジアや淋病などを、自宅で同時に調べられます。検査の信頼性は医療機関と同等程度なので安心してご利用ください。(→カンジダほか複数の性病検査が受けられるふじメディカルの解説記事